NEWS NPO法人School Voice Project 様への広告出稿が決定しました
NPO法人School Voice Project

学校いごこちプロジェクト

テーマ
質の高い教育をみんなに
実施期間
2022年12月20日〜2023年10月31日
拠点
東京都
対象地域
全国
媒体
団体公式WEBサイト / 教職員WEBアンケートサイト「フキダシ」 / 学校をもっとよくするWEBメディア「メガホン」 / SNS
広告主
Yogibo

ACTIVITY

社会課題の現状

ゆとりのない学校現場には今、増え続ける教育内容への対応や虐待・非行・不登校への対応、家庭や地域との連携、教員の多忙化など、さまざまな課題が山積しています。

不登校の子どもが20万人を越え、外国ルーツ、LGBTQ、発達障害、支援を要する家庭環境に置かれている子どもたちをはじめ、多様な背景や特性・個性を持つ子どもたちを学校が包摂できていない状況があります。多様な子どもが過ごす学校で、必死に働きながら、困り感や疲労感を抱えている教職員は、決して少なくありません。

「子どもたちのために自分ができることをしたい」「学校が抱える課題をどうにか解決したい」、そう願っている人が現場の大多数ですが、残念ながら今の学校は、そんな大人たちが体や心の余裕を持って働ける場所になっていません。

団体の活動内容

School Voice Project は山積する学校現場の課題を教職員の声の力で変えていく活動です。
WEBアンケートでの教職員の意見回収とWEBメディアでの発信、教職員のコミュニティ・プラットフォームづくりを通して、学校現場のリアリティや、個々の教職員の思いや考えに光を当て、社会に届けると共に、現場レベルでの改革の取り組みを広げていきます。

目指す未来の状態

School Voice Projectは、声が届き、実際に物事が動いていくという経験を、たとえ小さなことからでも、現場の教職員の方とともに積み重ねていくことで、教職員の方が「変えていける実感」「声が届いている感覚」を持てるようにすること。まずは、そこを目指していきます。

学校教育を取り巻く状況がよくなっていくことで、教職員の方がゆとりを持って子どもたちに関われるようになること。幸せに、やりがいを持って、主体的に働く大人の姿を、子どもたちが日々見て育っていくということ。それが、子どもたちに与える影響は、きっととても前向きなものであるはずです。

大人も子どもも幸せな学校をつくりたい。教職員の声を社会に届けるこのプロジェクトの目指すゴールは、教職員のみならず、その先にいる子どもたちが、自分の意見を大切なものだと感じ、自分の力を信じて、未来に希望を持って学び育っていける学校にしていくことです。

実現へ向けた課題

School Voice Projectの活動は教職員の皆さんの参画によって共につくっていく活動です。その意味ではWEBアンケートサイトの登録者数やアンケート回答数をもっと増やしていきたいですし、教職員コミュニティに参加するメンバー数と関わりの質ももっと高めていきたいと考えています。

上記を解決するために、当プロジェクトで取り組むアクション

今回のプロジェクトでは、子どもも大人も幸せな学校をつくるというコンセプトのもと、学校にヨギボーを設置して効果検証を行うプロジェクトを実施予定です。その内容を発信するとともに、そのプロセスでSchool Voice Projectが運営する教職員WEBアンケートサイト「フキダシ」や、学校をもっとよくするWEBメディア「メガホン」の発信力を強化していきます。

RECOMMEND